前へ
次へ

シミのリバウンド防止に秋から冬も継続の美白ケアを

春から夏に紫外線は最も強くなるため、美白ケアを重点的に実行しますが、日差しが和らぐ秋になると美白を終了する女子も少なくはありません。
秋になっても夏の紫外線ダメージは皮膚の奥にまだ残っていて、完全にリセットされていない秋に美白ケアをやめてしまうと、皮膚内部に潜むメラニン色素は活性化してしまいます。
美白成分はスキンケアで入ってこないですし、春から夏に毎日していたUVケアもしないのですから、肌っ状態は美白のお手入れ前に逆戻りです。
ダイエットをしてやめたとたんに気が緩み、リバウンドをすることがありますが、美白ケアも中断により、シミをリバウンドさせることになります。
シミを無駄にリバウンドさせないためにも、秋から冬にかけて急に美白ケアをやめないで、継続的に美白ケアを続けていくことです。
真夏は紫外線やエアコンの冷房による影響を受けますし、冬は湿度と温度の低下で肌は年間を通して乾燥しますし、シミ予備軍も潜んでいるため、美白ケアは年間を通して行います。

Page Top